都合の良い男を脱却するための心構えとたった1つの方法

あなたがその関係を許容し続ける限りは、都合の良い男のままです。

「友達のままでいたいから、付き合うとかそういうのは無しにしたいかな・・・。」

男って基本的に異性に惚れやすく作られている生き物ですから、仲の良い女友達に対して好意を抱くというのは、ごく自然で当たり前なのだと思います。

逆に女は、横のつながりを持つことでコミュニティを形成する生き物なので、特に異性として意識していなくとも男と仲良くなるのは当たり前のことなのです。

この2つの生き物としての差が、冒頭のようなセリフとして現れてくるのですね。

あなたは「友達のままでいたい」と言われた時、どう思いましたか?

告白して振られて今の関係が無くなるよりも、告白を無かったことにして今の関係を続けた方が良い、そう思いませんでしたか?

もちろんそれは自然な感情です。

これまで仲良くやってきたのですから、これからも出来るなら仲良くやっていきたいと思うのは当たり前だと思います。

しかし、あなたがその関係を許容し続ける限り、結局あなたはその女の子にとって都合の良い男のままなのです。

都合の良い男を脱却するために必要な心構えとは?

まず、都合の良い男というポジションに収まってしまうのは、あなたよりその女の子の方が優位に立っているからです。

例えば、2人の男女がいて、それぞれ以下のように思っていたとしましょう。

  • 男は女のことが好きで、できれば男女の関係を持ちたいと考えている。
  • 女は男のことを何とも思っていないので、友達のままでいたいと考えている。

仮にこの2人の思惑の真ん中を取ろうと思ったら、2人はセックスする関係ではあるけれど恋人ではなくただの友達である、という関係でなければなりません。

そういう関係であれば、お互いがお互いのことを自分の都合の良いように動かしているんだなと、そこそこ納得も行きます。

しかし大抵の場合は、男が女の要求を泣く泣くガマンして受け入れるという結果にしかなりません。

この女の要求をガマンして受け入れた時点で、男よりも女の方が立場として上の位置に移動してしまうのです。

傍目には仲の良い友達のように見えますが、実は男の方の感情が女の方のわがままに虐げられているだけなのですね。

ですので、都合の良い男を脱却するためには、あなたが相手の女の子に対して少なくとも対等な立場になれるように持っていなかればならないのです。

そしてそれには「最悪の場合、全部ぶち壊してやる」といったある種の覚悟が必要となります。

都合の良い男を脱却するためのたった1つの方法。

それは何事も自分のペースで行動することです。

というのも、都合の良い男と称される方の共通点として「とにかく優しい」とか「周りの他人に対して物凄く気を使っている」といったものが挙げられます。

都合の良い男に甘んじているあなたも、よく「良い人」と言われているのではないでしょうか?

もちろんこれらの行動は周りにとても良い印象を与えます。

多くの場合、同性にも異性にもウケが良いです。

しかしそれと同時に、人間の生物としての本能、つまり野生の部分が無意識的に「この人は頼りにはならない」と判断してしまうのです。

そして女という生き物は、より良い子孫を残すために自分が頼もしいと思う男に、本能的に好意を持つように出来ています。

好きな子に告白した時に「友達としては一緒にいたいけど、彼氏とかそういう風には見れない」などと言われてしまうのは、これが原因なのです。

何故良い人であるはずのあなたが、女の子にとって都合の良い男に収まってしまうのか、理解できましたか?

理解できたなら、今後は「良い人、だけど強い人」というような印象を持たれるように行動すると良いでしょう。

芸能人で言うなら、石田純一がまさにこれに当たります。

彼はとても紳士的で、いつもニコニコして周囲の雰囲気を良くしていますよね。

しかし彼が女性にとって都合の良い男として扱われているという印象は全く受けません。

何故なら彼はとてもマイペースで、以前に不倫交際がマスコミに取り上げられた際にも「文化や芸術といったものが不倫から生まれることもある」と、しれっと反論するぐらいの強かさを兼ね備えているからです。

彼がただの都合の良い男に成り下がらない理由は、こういった不意に見せるマイペースさが、他人に流されることのない芯の強い男だと周りの人間に印象づかせるからなのでしょう。

相手があなたを尊敬していれば大丈夫なのです。

尊敬、と言うと何だか堅苦しい気もしますが、要は相手にとってあなたという存在がかけがえの無いものであれば、別に上で述べたようなマイペースな行動を取っても2人の仲が壊れてしまうようなことはありません。

裏を返せば、「1人の男として、女である君とセックスしたい」と打ち明けた程度で壊れてしまう関係なら、相手は本当にあなたを都合の良い男としてしか扱ってなかったということです。

気付かないうちに、あなたという存在が侮辱されていたということです。

例えば私には、仲の良い女友達がいます。

たまに会ってご飯を食べる程度の付き合いですが、私はその子に「ラブホ行こうよ?(笑)」と言いますし、その子は決まって「行かないよ?(笑)」と言ってくれます。

まぁ、女の子の方の気まぐれで本当にラブホに入った日もありましたが、その後も別に何の変わりも無く関係は続いています。

それは多分、お互いが「こいつとはこのぐらいの距離感で丁度良い」と思っているからなのでしょう。

なので私もこの関係が苦痛ではありませんし、彼女の方もそんなことを言っていたのできっと平気なのでしょう。

このように、都合の良い男を脱却することで本当に2人の仲が壊れてしまうかどうかは、あなたと相手の器量次第なのですよ。

一度全てを投げ捨てなければ、手に入らない物や見えてこない世界があります。

勇気を出して、都合の良い男を脱却してみてはいかがですか?

この記事が参考になったなら はてなブックマーク をお願いします☆

コメント、お問い合わせ

当ブログの記事へのコメントまたは管理人へのお問い合わせはお気軽にどうぞ。

本業の合間にですが、時間を見つけて返信させていただきます。

あなたの出会い系成功談、失敗談なんかも共有していただけると嬉しいです。

ぜひよろしくお願いします!

管理人が承認するまではコメントは公開されません。

このページの先頭へ