セフレを作る方法 – セフレになってしまう女の子の心理とは?

セフレを作る方法を習得するために。

実は毎月、結構な数の人が「セフレが欲しい」や「セフレを作る方法」といったキーワードでこの出会い系攻略ブログに訪れています。

やはり男として、セフレを作る方法があれば実践してみたいと思うのでしょうね。

私もそんな方法があったら間違いなく実践しますし(笑)

また、ブログ管理人の立場から言っても、そうやって目的を持って当ブログに来てくれることをとても嬉しく思います。

ですが、それと同時に、私の持てる知識やテクニックをそういった方々に本当に伝えきれているのだろうか、と少し不安に思ったりもします。

そこでこの記事では、セフレを作る方法を習得するための、超大前提となる考え方についてご説明して行きたいと思います。

セフレを作る方法① – 女の子の性欲は根本的に男とは違う!?

はっきり言って、セフレを作る方法はテクニックやノウハウではなく、もっと別のところにあると私は考えています。

それは心、感情、もっと突っ込んで言えば性欲です。

例えば男の性欲って、ぶっちゃけて言ってしまえば可愛い女の子だったら手当たり次第セックスしたいって欲望ですよね?

これは男のオスとしての本能が、より多くの子孫を残すためにそう思わせているのです。

逆に女の性欲は、より良い子孫を残すために、男を選別するというメスの本能から湧き出る欲望です。

ですので、誰でも良いからセックスしたいと思う男とは対照的に、この男としかセックスしたくないと思うのが女という生き物なのです。

このオスとメスの本能の違い、皆さんも恐らく一度ぐらいは聞いたことがあると思いますが、本当の意味で理解している人はごくわずかです。

そしてこの違いを、本当の意味で理解することが、セフレを作る方法を習得するための基本にして奥義となるのです。

セフレを作る方法② – 女の子が受け入れたいと思う男になるべし。

単純な話、つまり女の子はセフレになんてなりたくないのです。

できることならセフレではなく、本命の彼女としてあなたの隣に居座りたいのです。これは当然のことですよね?

しかし本命になることが叶わなくともそれでもこの人の側にいたい、そう思った時、この女の子はセフレという選択肢を許容します。

要は、心底相手の子を夢中にさせることができれば、セフレなんてのは何人でも作れてしまうのですね。

簡単なことだと思いませんか?

それが難しいんだ!と思ったあなたは、恐らくまだ基本を理解できていません。

イケメンでなくとも相手を虜にすることはできます。これは断言します。

金持ちが何故モテるのか、スポーツ選手が何故モテるのか、それは彼らが異性の目から見て「頼もしい人」だからです。

柔らかで、優しくて紳士的で、それでいていざという時には頼もしい、そんな理想の男を演じること。

そうやって理想の男を演じることで、女の子の「より良い子孫を残すためにこの人とセックスしたい」という欲望をコントロールすること。

それがセフレを作る方法を習得するための大前提の条件だと思ってください。

基本さえ理解していれば、セフレを作る方法は無限にあります。

このように、女の子の欲望をコントロールするという考え方さえ身に付けていれば、セフレを作る方法なんてものはそれこそ無限にあります。

ナンパをしても良いでしょうし、ボランティアのような集団に混じって可愛い子を探すでも良いでしょう。

ただ一つだけ、理想の男を演じやすい環境があるとしたら、それは「出会い系」だと私は思っています。

出会い系とは、いわゆる出会いを目的とした有料SNSですから、最初は全部インターネット上に登録してあるプロフィールや、メールや掲示板の文章から伝わる人間像があなたの全てです。

文章というのは不思議なもので、丁寧に書けば「理知的な人」と思われますし、いい加減に書けば「乱暴な人」や「頭の悪い人」と思われます。

つまり、自分という人間像を思い通りに作り上げることが可能なのです。

例えば、年収2千万だと書けば「すごいですね!もし良ければお話し伺いたいです!」といったメッセージを貰いますし、俳優の卵だと書けば「舞台とかされているんですか?」のような質問を貰います。

このように、出会い系ほど色々な意味で異性と出会いやすい環境はありません。

ですので、もしあなたがセフレを作る方法の基本を学び、それを実践に移したいと思うのでしたら、出会い系サイトを利用するという選択肢も頭の隅に置いておいてください。

そしてその時には、当ブログの出会い系攻略記事を参考にしていただければと思います。

僅かながらにですが、お力添えさせていただきますよ。

ぜひがんばってくださいね!

もしよければ拡散よろしくです☆

雑談、相談はコメント欄へどうぞ

管理人が承認するまではコメントは公開されません。

このページの先頭へ