レベル1から始める、彼女を作る方法

レベル1の恋愛下手に贈る、超初心者向けの彼女を作る方法です!

あなたは恐らく、初対面の相手には少し引っ込み思案なところがありますね?

また、相手や自分が傷つくことを恐れて、つい自己主張をするタイミングを逃してしまったりすることも、よくあるのではないでしょうか?

そういう、良く言えば他人を思いやれる優しい人、悪く言えば臆病な性格の人ほど、現在の世の中では恋愛下手になりやすい傾向があります。

そこで今回は、恋愛の超初心者の方向けに、誰でも簡単に実行できる彼女を作る方法をレクチャーして行きたいと思います。

彼女を作る方法の基礎知識、前提条件。

まず、彼女を作る方法には前提となる条件があります。

以下のポイントが彼女を作るために必要な条件だと頭に叩き込みましょう。

彼女が欲しいと思っている。

当然の話ですが、彼女が欲しいと思っていなければこれからお話しする彼女を作る方法は実行できません。

彼女が欲しい!という強い気持ちが、これから起こす全ての行動の原動力になります。

一度や二度、フラれる覚悟ができている。

どんなに完璧なイケメンが、どんなに完璧な方法を使ったとしても、百発百中で女の子を落とせるなんてことはできません。

そんなことが出来るのは二次元のマンガの世界だけです。

ましてや今、彼女を作る方法を必要としているあなたはレベル1の恋愛初心者ですから、逆に百発百中でフラれてもおかしくはないのです。

ですので、一度や二度フラれるのはむしろ当たり前の結果、初めて自転車に乗る練習をした時に転んでしまうようなものなのだと思ってください。

それに安心してください、百発百中でフラれるなんてことは、逆の意味で才能が無ければできることではありませんから(笑)

多少のお金を使う準備がある。

もちろんですが、女の子に貢げと言っている訳ではありません。

例えばですが、美容室で髪をカットしてもらうぐらいのお金や、女の子と一緒にカラオケやファミレス、居酒屋、レストランに行くぐらいのお金は確保しておきましょう、という意味です。

使ったお金の量で彼女ができる確率が上がる訳ではありませんが、お金を全く使わずに彼女を作ることはできません。

けして「セコい男」とだけは思われないように気をつけましょう。

めんどくさがらずにやる。

一度、人としての尊厳を捨てて考えるならば、恋愛というのはオスとしての生存競争や縄張り争いの一環です。

確かに、恋愛は人付き合いの中で最もトラブルの多い分野ですから、めんどくさいと思うのも仕方はありません。

しかしだからと言って彼女を作るための行動を起こさずにいるのは、それはすでに他のオスたちに対して自分の縄張りを放棄しているのと同じだと思ってください。

彼女を作るというのは、いわば一人の男としてのアイデンティティを確立するための行為なのです。

彼女を作る方法 – 彼女を作るために何をするべきか。

さて、実際に彼女を作る方法について説明して行きます。

なお今回はレベル1の初心者向け講座として、日頃の立ち居振る舞いを主に解説したいと思います。

具体的な方法論については、後日別の記事でお話ししますのでご期待ください。

彼女を作る方法(1) 丁寧に話す

敬語を使えという訳ではありません。あくまでも自然体で、かつ相手のことを考えて言葉を選ぶようにしましょう。

特に相手が何かについて悩んでいる時などは、安易に自分の答えを相手に押し付けずに、逆に一緒になってぐだぐだと悩んであげると効果的です。

逆に、自分のことしか考えない発言は、相手からすれば無神経と受け取られてしまう場合がありますので注意しましょう。

彼女を作る方法(2) 素直に「それ可愛いね」と言う

例えば、自分が一生懸命オシャレして出かけたとして、それを他人に「あの人ちょっと格好良いよ」のように言われたら、あなたはどう思いますか?

少なくとも、嫌な気分にはならないですよね?

そして女の子の場合は、我々男のそれよりも認められたいという欲求が強いのです。

ですので、女の子が身に付けている物がちょっとでも可愛いと思ったら、「それ可愛いね?」と素直に口にできるようにしましょう。

ちなみに女の子のオシャレポイントというのは、髪留めやバッグに付けているチャームなど意外と小物が多かったりします。

こういう物は明らかに可愛いデザインとなっていることが多いので、褒めやすいポイントと言えるでしょう。

彼女を作る方法(3) 苗字ではなく名前で呼ばせるようにする

超基本的なことですが、苗字で呼び合う恋人ってあんまりいませんよね?

逆に言えば、名前で呼び合えなければ恋人になるためのハードルを一つ超えたことになるのです。

しかしまぁ、日常生活において中々名前で呼び合うことって少ないんですよね。

ですので、まずは自分のことを名前で呼んでもらえるように工夫してみましょう。

自己紹介の時に「○○って呼んで欲しい」と言えば、案外すんなりと皆そう呼んでくれるものですよ。

彼女を作る方法(4) 連絡はまめに取る

何となく人恋しくて、誰かと話したくなる時ってありますよね?

そういう時は素直に意中の相手にメールやLINEを送ってみましょう。

「今ヒマ?」

「どしたのー?」

「あー、何となく話し相手が欲しくてさ。忙しかったら良いんだけど、良ければ相手してよ(笑)」

出だしはこんな程度で十分です。

こういう何気ない会話が当たり前になってくると、いつの間にか「一緒にいるのが当たり前」みたいになってきます。

彼女を作る方法(5) 攻める姿勢を持つ

例えば、何か一つのことに徹底的に打ち込もうとする姿勢というのは、男女を問わず格好良く映るものです。

それが困難な目標であれば、なおさら魅力的で頼りになる人だというインパクトを与えられるでしょう。

ただし気をつけたいのが、口で言うだけでは誰も見向きはしてくれないということです。

口にしたことを実行する行動力にこそ、人は惹かれるものです。

彼女を作る方法(6) 肌をキレイにする

女の子は意外と、男の肌を見ています。

毛深かったり、肌がニキビや吹き出物だらけでボロボロになっていたりすると、確実にマイナス評価になっていると思ってください。

必要以上にキレイにする必要はないのですが、毎日ちゃんと顔を洗うとか、清潔感のあるスキンケアを心掛けましょう。

特に、自分の体に触れることになるであろう顔周りや、手のひら、手の指先などは、女の子は厳しく見ていますよ。

彼女を作る方法(7) 愚痴や悪口を言わない

愚痴や、他人の悪口というのは、それを口にしている本人以外は意外とドン引きしているケースが多いです。

特に自分を大きく見せようとするために他人を貶める人がいますが、これは最悪のパターンですね。

そんなことよりも、どうやったら自分が本当に凄くなれるかを真剣に考えてる人の方が一万倍は魅力的です。

要は、人として魅力的であることが重要なのです。

色々と書きましたが、結局は人として魅力的であればいずれは彼女なんて簡単に作れてしまうのです。

これは女の子側の意見なのですが、本気で何かを頑張っている男というのは、女から見ればバカで極端でどうしようもなくて、それでいてとても愛おしく思える存在なのだそうですよ。

頑張れるというのが、男の特権なのだと心に刻んでください。

ちなみに、半分ぐらいは自慢話なのですが、私が過去に女の子の側から告白された時には以下のようなことを言われました。

「一つのことに黙々と打ち込んで、しかもちゃんと結果を出してくるストイックな姿勢がカッコイイと思った。」

「集団の中にいて誰かに寄りかかることなく確立した自分を持っている、それでいて周りへの気配りや配慮もできる優しさが私には嬉しかった。」

「一緒にいて苦にならない、会話が無くても一緒にいられるのが不思議で、好きになった。」

これらはそれぞれ別の子から言われたことですが、このように相手から惚れられてもおかしくない行動を常に取っていれば、必ず誰かがそれを見ているものです。

ぜひ、頑張ってみてくださいね!

この記事が参考になったなら はてなブックマーク をお願いします☆

コメント、お問い合わせ

当ブログの記事へのコメントまたは管理人へのお問い合わせはお気軽にどうぞ。

本業の合間にですが、時間を見つけて返信させていただきます。

あなたの出会い系成功談、失敗談なんかも共有していただけると嬉しいです。

ぜひよろしくお願いします!

管理人が承認するまではコメントは公開されません。

このページの先頭へ