日記の更新が多い女はセフレにしやすい

長くやっている中で、セフレについて段々と分かって来ました。

思えば、1990年代のインターネット黎明期から現在まで、ネットナンパや出会い系を数多くこなして来ました。

その中で、やはり数多くの女性と体を重ね、セフレとして付き合ってきた訳ですが、最近になって気付いたことがあります。

「そんだけ長くやってて今まで気付いてなかったのかーい!?」

というツッコミが聞こえそうですが、あえて言葉にしていなかっただけで、冷静に過去を振り返れば、セフレまでこぎつけた女の子たちにはある種の共通点がありました。

セフレになる女の子=かまってちゃんタイプ。

セフレになる女の子たちの共通点とは、どの娘も基本的に、他人に依存しがちなかまってちゃんタイプだということです。

そんなの、若い中二病のメンヘラ女だけだろうと思うかもしれませんが、意外にも年齢は関係なく、10代のパンクファッション好きの女の子から、去年落とした40代前半の美人の人妻まで、セフレになった子の特徴が全く同じなのです。

その中にも程度に差はありますが、特に自分語りが長い女は、確実にかまってちゃんの気があります。

そこで自分語りの場を探す、そう、日記だ!

最近の出会い系には日記機能が必ずと言っていい程付いてますよね。

私のような筆不精な人間には、日記などというめんどくさい機能は無用の長物以外の何物でもないのですが、これらの日記を頻繁に更新している子も、多くいる訳です。

そしてそういう人は、口には出しませんが「誰か、日記にコメントくれたら嬉しいなぁ」と心の奥底で思っています。

事実、日記の内容についてコメントをすると律儀にレスを付けてくれますので、これは確実でしょう。

ですので、かまってちゃんを探そうとした時に、日記の更新頻度というのは一つの指標となりうると思います。

もちろん、これ以外にもプロフの内容なんかも重要ですが、日記の更新が多い女の子ほど自分語りの場を欲している傾向にあります。

それにしても、日記かぁ・・・。

私の話になりますが、mixiやFacebookなど、SNSの日記機能や投稿機能って使いこなせた試しが無いんですよね。

そういう人間からすると、こまめに日記を書くという心理が今ひとつ理解できないのですが・・・、それはきっと私が私にしか依存していないからなのかもしれませんね。

とにかく自分語りが好きな女の子は、そうでない女の子と比べて格段に落としやすく、セフレになってくれやすいです。間違いありません!

ぜひこの機会に、セフレ作りを積極的に狙ってみてください。おすすめですよ。

もしよければ拡散よろしくです☆

雑談、相談はコメント欄へどうぞ

管理人が承認するまではコメントは公開されません。

このページの先頭へ