セフレが欲しければ、○○○することだけを考えよう

一度だけでも、セフレを作ってみたくありませんか?

男に生まれて、長い人生の中で一度だけでも良いから女の子を「セフレ」扱いしてみたいという欲求は、誰しもあると思います。

かと言って、身の回りにいる女の子に「セフレになってよ!」などと言って回れば、セフレどころか友達すら1人もいなくなってしまう可能性が高いでしょう。

一体、セフレとはどこにいるのか。そしてどうやって作るのか。今回は数ある解の中から、ある1つの答えをお教えしましょう。

出会い系サイトには彼氏・旦那持ちの子が多い?

何人もの女の子とメールのやり取りをしていると、結構な確率で既婚もしくは彼氏持ちという子に遭遇します。

念のため「彼氏(旦那)さんと、仲が悪いわけじゃないんだよね?」と探りを入れてみるのですが、返ってくる答えは大抵「うーん、仲は良いんだけど、何となく(出会い系をやってる)かなぁ。」と、口には出さないけれど、何かしらの不満を抱えているようでした。

こういう女の子は気持ちもフラフラしているので、誘ってみると案外すんなり落ちやすいです。

なので、セフレを探すのであれば、彼氏や旦那がいる女の子に狙いを絞って、メールや掲示板のテキストを考えましょう。

掲示板で募集をかけるのであれば、タイトルもズバリ「愛しの彼氏に飽きちゃった方いませんか?」のように、直球で勝負しても良いかもしれません。

とにかくセフレが欲しければ、パートナーがいる女の子をNTR(寝取る)することだけを考えるのです。

外道かもしれませんが、これが案外手っ取り早く成果が出るものです。

しかし、リスクも相応です。

パートナーがいるけどサイトをやっているという女の子にターゲットを絞ることで、手っ取り早くセフレを作ろうというテクニックですが、これにはもちろん、相応のリスクが付きまといます。

相手が未婚の子ならせいぜい向こうの彼氏さんにぶん殴られるぐらいで済むかもしれませんが、結婚して家庭を持っている女の子に手を出して、それがバレてしまったらもう大変です。

場合によっては、多額の慰謝料を取られるばかりか、こちらの実家やら勤め先やらまで不貞行為があった旨を通知してくる旦那様もいらっしゃいます。

実際にセックスをしてしまう前に、相手のパートナーがどのような気質の方なのか、さりげなくチェックしましょう。

セフレは所詮セフレです。

言い切ってしまえば、セフレという存在は所詮、お互いにとって単なる遊びでしかありません。

長く続けようとせずに、一晩二晩セックスが楽しめれば良いや、ぐらいの気持ちで探すのがBetterでしょう。

長く続ければそれだけ、相手のパートナーにバレる可能性が高くなります。

知らないうちに証拠をかき集められ、ある日突然呼び出される・・・。そういったことがないよう、細心の注意を払って遊びましょう。

もしよければ拡散よろしくです☆

雑談、相談はコメント欄へどうぞ

管理人が承認するまではコメントは公開されません。

このページの先頭へ