技アリ!プロフィールの名前を変えるだけで好感度がアップする裏技

イチローと言われて、あなたは誰を思い浮かべますか?

野球好きの方はもちろん、そうでない方も2番目か3番目ぐらいの候補に、野球のイチロー(鈴木一朗)選手を思い浮かべたのではないでしょうか?

そしてそれはただの単語として頭の中に浮かぶのではなく、例えばバッターボックスでバットを構えるイチローだったり、インタビューに答えるイチローだったり、CMで商品のアピールをするイチローだったり、何かしらのイメージ(映像)として想像をしたはずです。

このように言葉、単語、文字というのは、私たちが意識している以上に映像としてのイメージと結びついています。

今回はそれを利用したプロフィールの書き方を提案します。

相手が勝手にイメージしてくれます。

出会い系のように、相手の情報が極端に不足している状況では、人はその不足した部分を想像で補おうとします。

例えば・・・、

ある女の子のプロフィールを、あなたは見ています。

その子のプロフィールには写メは無く、ただ年齢やよく遊びに行く場所、少し浮かれた感じの一口コメントが書かれています。

そしてその子の名前にはこう書かれています。

「きゃりーぱみゅぱみゅ」

どうでしょうか、頭の中に一瞬、ちょっと変わった可愛らしい女の子のイメージが浮かびませんでしたか?

これと同じ事を、相手の女の子にさせてあげれば、長ったらしいコメントを書くよりも手っ取り早く、相手に自分の仮のイメージを植え付けることが出来ます。

上手いプロフィールの書き方とは、単なる自己紹介に留まらず、自分のビジョンを相手に想像させるよう誘導する書き方なのです。

ただしその場合、写メや似顔絵は公開しない方が良いかもしれません。

この時ですが、あなたのイケてる写メや似顔絵が、逆に相手の想像・妄想を邪魔してしまう可能性があります。

人は情報が不足しているからこそ、それを想像で補おうとする訳であって、情報が十分に足りている場合は逆に想像を全くしなくなります。

この技を使う時は、相手のイメージを阻害しないように写メや似顔絵を非公開にするか、もしくは相手のイメージをさらにふくらませるような仕掛けをしておきましょう。

仲良くなれそうなら、早めにバラしてしまいましょう。

もちろん、最後まで騙し通しても全く構わないのですが、個人的にはさらっとネタバレしてしまった方が良いと思ってます。

この辺りは女の子とどういった付き合い方をしたいかによりますが、呼ばれ慣れない名前というのは、ボロが出やすいのは言うまでもないでしょう。

こういった相手を思考を誘導するようなプロフィールの書き方はちょっとした反則技ではありますので、さじ加減を間違えないように気を付けて使ってみてくださいね。

管理人が実際に"10年以上"使っている出会い系サイト・アプリはこちら

ワクワクメール ハッピーメール PCMAX(ピーシーマックス)

せっかく一生懸命がんばって工夫しても、サクラを雇っているような悪質な出会い系では絶対に出会うことはできません。

当ブログがおすすめするサイトでなら、学生から人妻熟女まで幅広い層の女の子たちと出会えますよ。

なお、当ブログで紹介しているおすすめ情報に関するお問い合わせや攻略のためのノウハウについてのご質問などは、各記事のコメント欄からお気軽にどうぞ。

この記事が参考になったなら SNSで拡散 をお願いします☆

当サイトのおすすめ記事です。迷ったらまずこちらをご覧ください☆

出会い系でのメールの書き方、例文 出会い系のサクラの見分け方
出会い系で出会えないのはなぜ? ハッピーメールアプリのメリット
セフレが欲しい 童貞を捨てたい
100%必ず出会える方法 出会い掲示板の書き方、例文

2 Responses to “技アリ!プロフィールの名前を変えるだけで好感度がアップする裏技”

  1. 黒澤 大和 より:

    あけましておめでとうございます。
    プロフィール。全く同感です^^
    成果を出している人の本質は同じ
    だと思います♪
    機会がありましたら何かコラボでも
    出来たら嬉しいです。
    また遊び来ます。

  2. 永遠の少年紳士 より:

    > 黒澤大和さん
    あけましておめでとうございます^^
    何事も工夫1つで大分違ってくるものですよね。
    マイペース更新のブログですが、またお越しください。

コメント、お問い合わせ

当ブログの記事へのコメントまたは管理人へのお問い合わせはお気軽にどうぞ。

本業の合間にですが、時間を見つけて返信させていただきます。

あなたの出会い系成功談、失敗談なんかも共有していただけると嬉しいです。

ぜひよろしくお願いします!

管理人が承認するまではコメントは公開されません。

このページの先頭へ