HIV(AIDS、エイズ)・性病検査の結果を聞いて来ました!

先週受けた検査の結果を聞いて来ました。

前回の記事を読んでない方はこちらへどうぞ。

>>人生で初めて、HIV(AIDS、エイズ)・性病検査を受けて来ました!

と言うわけで、大丈夫だろうと思いつつも内心ドキドキしながら、再度新宿の「東京都南新宿検査・相談室」へ行って参りました。

ドキドキの結果発表・・・なのに?

前回と同じように、待合室で待つこと10分。

番号のコールがされたので結果を聞くための部屋へ向かいました。

その部屋は施設の奥の方に配置されていましたね、やはりプライバシーの保護を意識しているからでしょうか。

少し緊張しつつ、部屋のドアをノックして入室。結構お年を召した男性の先生が座ってました。

と言っても威圧感は無く、人当たりの良いおじいちゃん、という感じでしょうか。

いよいよ結果が・・・!というところで診察票(もちろん匿名ですが)を束ねたファイルを机の上にぶちまけて、一緒に2人でかき集めるハメに。

何でしょう、早く結果が聞きたいのに・・・、さすがに焦れったく感じましたね(笑)

陰性!陰性!陰性っ!

まず、口頭で

「HIVの可能性はありません。」

と告げられ、心のなかでガッツポーズ。そしてさらに一枚の紙を手渡され、

「クラミジア、梅毒も今回は陰性でした。」

よおし、パーフェクトっ!

※こちらが手渡された紙です。

性病血液検査結果

HIV・性病の検査は定期的に受けましょう。

なるべく気にはしてなかったのですがやっぱり「万が一があったらどうしよう・・・」、そう思いながらこの1週間過ごしました。

出会い系で女の子とエッチする時は、不特定多数の男とヤリまくってるような子は避けるように気を付けてますが、それでもやはり不安ではあります。

自分でも知らぬ間に保菌していて、そして他の相手に撒き散らして・・・、性病はこのように広がって行きます。

この連鎖を起こさないように、私もあなたも、定期的に検査を受けるよう心掛けて行きましょうね。

え、女の子とセックスしなければ良いって?それは・・・言わない約束ですよ。

もしよければ拡散よろしくです☆

雑談、相談はコメント欄へどうぞ

管理人が承認するまではコメントは公開されません。

このページの先頭へ