人生で初めて、HIV(AIDS、エイズ)・性病検査を受けて来ました!

保健所なら無料で検査を受けられるって知ってましたか?

今の日本で性病の検査を受けようと思うと、選択肢は「検査キット」「病院」「保健所」の3つがあります。

このうち「検査キット」「病院」は検査の内容によって5000円~20000円ぐらいかかってしまうのですが、「保健所」ならばこれを無料且つ匿名で行なってくれるのです。

その代わり、保健所は検査日時が限定されているのと、検査の種類が少ないというデメリットがあるので、病院などと比べて一長一短ではあるのですが、お財布にはとにかく優しいので条件の合う方にはオススメです。

という訳で今回私は、出会い系攻略ブログ管理人としての責任?を果たすために、生まれて初めて性病検査を受けることにしました。

※ちなみに保健所の場所はこちらで検索をかけました。

>>HIV検査・相談マップ

今回お世話になったのが、JR新宿駅南口から徒歩3分の距離にある東京都南新宿検査・相談室という保健所です。

こちらは夜19時半まで受け付けてくれる社会人にも優しいところで、且つ今は東京都エイズ予防月間(11月16日~12月15日) ということでHIV検査の他に、クラミジアと梅毒の検査も行なってくれるという、何ともサービスの良い機関です。

>>東京都南新宿検査・相談室

検査所は、新宿駅近くの、1階がトヨタレンタカーになっているビルの3階にあります(2012年12月現在)。

ビルへ入りエレベーターを上がってみると、フロアの左手側に入り口がありました。

一見、普通の病院のような雰囲気。受付の方も穏やかでオープンな感じの人でした。

早速、問診票(匿名)を記入し、番号札をもらい待合室で待機。

※実際の問診票です。

HIV検査申込書

待合室の壁には著名人のサイン色紙がありますね、こちらで検査を受けたのでしょうか?有名ロックバンドのGLAYのTERUの名前もありました。

そして周りをさっと見渡すと同じように検査を受けに来た人が、大体男3女1ぐらいの割合でいました。

おそらく20代~30代ぐらいの、比較的若そうな方が殆どです。

「あの女の子、ちょっと可愛いなぁ・・・。ナンパ男か何かにヤられてここに来たのかなぁ・・・」などと良からぬことを考えていたら、番号が呼ばれたので案内された部屋へ。

中にはベテランっぽい女の先生が座っていて、こちらも病院で診察を受ける時のように柔らかい物腰で荷物を置くよう促されました。

ここでは検査前のガイダンスと称して、HIV(AIDS、エイズ)の基本的な知識を教えてくれました。

なるほど、今やHIVは、ちゃんと管理すれば死に至る病では無いのですね。

夫婦が共にHIVに感染していても、子供に感染させずに赤ちゃんを産むことが出来るというのも初めて知りました。ただし専門の設備がある病院に行かなければならないとのことでしたが。

そんなこんなで一通りの説明を受け、再度待合室で待つようにと促され部屋を退出しました。

受付から検査終了まで30分ほどでした。

待合室で携帯をいじること10分、再び番号が呼ばれたので今度は検査室の中へ。

先ほどの先生よりは少し若い女の先生に促され、荷物を置き、上着を脱ぎ、袖をめくって採血スタンバイ。

こちらも別に特別なことは無く、例えば健康診断なんかで採血するのと同じように淡々と血を抜かれました。

ああでも、私の腕の静脈を探っていた時に、あまりの静脈の太さにびっくりしたらしく、「あぁ、すごい・・・」と呟いてましたね。何かのプレイなのでしょうか・・・。

血を抜かれた後は、消毒ガーゼを当てて5分ほど止血、これで検査終了です。

待合室に戻り、時計を見ると丁度受付から30分ほど経過していました。

検査結果は1週間後。

こちらでは検査結果のお知らせは1週間後から行なってくれるそうです。

匿名での検査なのでメールや電話での結果連絡は行えず、再度こちらに伺わなければならないのですが、病院や検査キットなどを使えばそれなりのお金がかかる検査を無料で出来るのですから、大人しく従うことにしましょう。

それにしても、検査ってもう少し恥ずかしいかな、と思っていたのですが、案外さらっと行けましたね。

きっと、検査を受ける人が恥ずかしい気持ちにならないように、先生たちが心掛けてくれているのでしょう。

という訳で、1週間後に検査結果を聞きに行ってきますね。

[2012/12/20追記]

結果を聞いて来ました。ドキドキの検査結果はこちらです。

>>HIV(AIDS、エイズ)・性病検査の結果を聞いて来ました!

もしよければ拡散よろしくです☆

雑談、相談はコメント欄へどうぞ

管理人が承認するまではコメントは公開されません。

このページの先頭へ