卑怯ではない、これが話術だ!相手にNOを言わせない質問の仕方

「これから、一緒にご飯でも行こうよ」

口説きたい人を目の前にして、このように相手を誘う人は多いと思います。

私も相手が断らないと分かっている時は、上のような言い方をするのですが、もしかしたら断られるかもしれないという時には、もう少し違った言い方をします。

例えば、上のセリフを以下のように変えます。

「ご飯にしようか?それともお酒が良いかな?」

さて、このセリフに隠された秘密、あなたは気付きましたか?

選択肢をすり替え、ダメなら条件を弱くする。

そう、先ほどのセリフには「行くか、行かないか」という選択肢がすっぽり抜けていて、代わりに「どこへ行くか」という選択肢が与えられているのです。

雰囲気に流されやすい相手であれば、「え?ああ、じゃあご飯で」のように返ってくるでしょう。

断るという選択肢が提示されていないため、何となく断れずに、ついこちらが提示した条件の中から選んでしまうのですね。

ただ、もちろん「ああ、ちょっと今時間が・・・」などと言って断ってくる相手もいるでしょう。

そういう時は、次のように切り返すのです。

「そっか、残念。あ、じゃあお茶だけ付き合ってよ。ケーキでもごちそうするからさ。」

こうすると相手にも「お茶ぐらいなら時間も取られないし、まぁ良いかな?」という心理が働いてきます。

これは、始めに「ご飯 or お酒」という、比較的大きめの条件を提示しておいて、相手が渋ったら「お茶だけ」という前に比べると小さく見える条件を提示することで、相手の抵抗感を和らげ、YESと言わせる手法ですね。

ちなみに、これらはよくセールスの場でも使われる、れっきとしたテクニックなのです。

これを出会い系攻略に応用すると・・・?

ただ、上記は生身の人間が目の前にいる時のテクニックで、これをこのまま出会い系攻略のために使うことは、少し難しいです。

ですので、少し応用する必要があります。

応用と言ってもそんなに難しいことはありません、以下のコツを守るように、メールや掲示板の文章を組み立てれば良いのです。

1.相手がNOと言える選択肢を与えない。

ありがちなのが「良ければメールください」という一言です。

これは相手に「メールを送るか、送らないか」の選択肢を与えてしまっています。

セオリー通りなら、「後でまた話そうね」などのように、あたかも相手がメールを送ることがすでに決まっているかのような言い方をするべきでしょう。

2.明確なニュアンスを避ける。

日本人特有のものかもしれませんが、多くの人が明確に意思表示をすることを嫌います。

例えば、「とても良い・良い・普通・悪い・とても悪い」といった5段階評価のアンケートの集計結果は、「良い・普通・悪い」の真ん中の3つに集中する傾向にあるようです。

あなたもこういったアンケートで、どれにマルを付けるか迷った経験があるのではないでしょうか?

だとすれば、相手に明確な意思表示をさせるような質問をしても、あなたの望む答えは返って来ない確率が高いと言うことです。

例えば「○○は好きですか?」と言った表現は、相手の心に「明確な意思表示をしたくない」と言った抵抗を生むことがあります。要注意です。

3.相手が自然とそうしたくなるように仕向ける。

これはあえて質問をしないという、超上等テクニックです。

私でも成功する確率は1/10といったところでしょう。しかしハマれば文字通り一撃必殺です。

例えば、よく深夜に「絶対に開いてはいけない」と銘打って、おにぎりやらラーメンやら焼きそばやらの画像を淡々と貼られて行くスレッドが某2ch、VIPなどのサイトであるのをご存じですか?

スレ主は別に「夜食でも食べなよ」とは言っていませんが、スレを見ている人たちは「ふざけんな、まじふざけんな」「腹減ってきた」「ラーメン作ったわ」「明日食いに行こう」などと、勝手に行動をし始めるのです。

これと同じことを、ファーストメールや掲示板で実現することが出来たら・・・、もう分かりますよね?

別にあなたがわざわざお願いをしなくとも、「何となく送りたくなったから、メールしちゃいました♪」のように女の子からアプローチが届くことでしょう。

一貫して守るべきは「抵抗を感じさせない」ということ。

上に書いたコツですが、一貫しているのが、質問をすることで相手に抵抗を感じさせてはいけない、ということです。

人は抵抗、もしくは違和感を感じた時点で「もしかして自分は今、相手に操作されているのでは?」と無意識に身構えてしまう習性があります。

こうなったら、あなたがいくらお願いしても、相手は全てはじき返して届くことは無いでしょう。GAMEOVERです。

そうではなく、こちらはムキにならず、力も入れず、ただふわふわと相手に条件を提示するだけで良いのです。

そして相手がその条件に対して「YES」と言いたくなるような仕掛けを、言葉の端々に散りばめておくのです。

どうですか?このテクニック、使うも使わないも、あなたにお任せしますよ?がんばってくださいね。

もしよければ拡散よろしくです☆

雑談、相談はコメント欄へどうぞ

管理人が承認するまではコメントは公開されません。

このページの先頭へ