心の法則に従って相手の好感度を上げて行こう ~単純接触効果とは~

最初は別に良い曲だとは思わなかったけれど、何回か聴いてくうちに好きになっていった。

アーティストのアルバムを買った時、中にはいまいち好きになれない、いわゆるハズレな曲があったりしますよね?

ですが、そんな曲でも何回か繰り返し聴いているうちに、良い曲だと思えるようになった経験、あなたにもありませんか?

実はこれ、人間の心理的な法則に基づいた現象だったんです。

単純接触効果、ザイアンスの法則とは?

「接触回数、接触頻度が多ければ多いほど、個体間の親密さが増す」という心理学的法則です。

端的に、ざっくり言えば、会えば会うほど相手のことを好きになる、という、意識したことの無い方にとっては、ちょっとにわかには信じられないような法則なのです。

しかし冒頭の例のように、相手が物であっても、人であっても、繰り返し接触することで愛着が沸いたり、良い面が見えてきたりした経験は、誰にでもあるのではないでしょうか?

もちろん、最初からそんな良い面なんて見つけられないよ、何度も会ってるから見えてきたんだ、というのも真実です。

ですが、それと並行して、あなたの中の心理的な抵抗・ハードルが無くなっているのもまた事実なのです。

心理的な抵抗が無くなったから、相手の良い面に気付くことが出来た・・・と言うのも、まずまず納得の行く話なのではないでしょうか?

とにかく、相手に好意的な印象を与えたいのであれば、何回も会いに行くことが大事なのです。

イメージが固まる前に、頻繁に連絡を取りましょう。

ただし、そんなザイアンスの法則にもいくつか制約があります。

まず第一に、最初の印象が悪いと、その印象を強化してしまうという点です。

例えばキライな相手は、会えば会うほど、意識すればするほどキライという思いが強くなっていくと思いませんか?

このように、一旦イメージが固まってしまうと、そのイメージを覆すことは難しくなります。

ですので、最初は無難に過ごして、良い印象も悪い印象も与えないぐらいで丁度良いかもしれません。

そして第二に、この法則は10回程度が限度という点です。

これはザイアンスの法則の確証を得るために行った実験の結果から判明していることなのですが、接触を繰り返すことで上昇していく好感度は10回目がピークで、それ以降は何回接触させても大して変わらなかったということです。

ですので、この法則を意識して相手を口説こうとするのなら、相手と初めて出会ってから、10回のやり取りの中で自分に対しての良い印象を植え付けなければならない、と言うことです。

ダラダラとチャンスを伺っている場合ではありません。

最近は草食系男子というのが流行って(?)いるようですが、ザイアンスの法則的に見ても、ダラダラと様子を見ながら付き合っていては、本当に単なる友達止まりで終わってしまうでしょう。

そうではなく、相手の自分に対する印象が固まって動かなくなってしまう前に、思い切ってデートやご飯、お酒に誘ってみましょう。

そうすれば相手もあなたに対して「この人はもしかして、私を口説くつもりなのかな?」のように、男女関係を意識するようになります。

意識すればするほど、気になってしまうのも人の性ですよね?

ザイアンスの法則による好感度上昇効果が有効なうちに、2人の間に恋愛関係が存在すると言うことを相手に意識させてあげましょう。

上手く行けば、「最初はそんなつもりは全然無かったんだけど、気が付いたら好きになってたの。」などと、女の子の口から言わせることが出来るでしょう。

もしよければ拡散よろしくです☆

雑談、相談はコメント欄へどうぞ

管理人が承認するまではコメントは公開されません。

このページの先頭へ