「もっと話したい」「またメールしたい」と相手に思わせる禁断のテクニック

盛り上がっていたはずのメールのやり取りが、いつの間にかフェードアウト・・・。

女の子とのメールや電話は、時間を忘れるぐらい楽しいものですよね。特にそれが好みの相手であればなおさらです。

でも、最初はお互い盛り上がっていたのに、徐々に何だか相手のテンションが下がっていくのを感じ、最後には返信が来なくなってしまった・・・。なんて切ない経験、あなたにはありませんか?

妄想の中では、このまま2人ともぐいぐいテンションが上がって行って、遊びに行ったり、ご飯やお酒、デート、そしてムフフ・・・、となるはずだったのに!OMG!ガッデム!

でもこれ、実は女の子のせいじゃないんです。メールの仕方が間違っているだけなんです。

燃え尽きたぜ・・・真っ白に、真っ白な灰に・・・。

夢中になってやり取りをしていると、本当に、ついつい長々とラリーを繰り返してしまいますよね。気が付けば1時間ぐらい、メールの応酬をしていたりもします。

最初のうちはこれで良いのですが、気持ちの中に慣れが入ってくると、今度は途端にそれが重く感じられるようになってしまうのです。

でも、最初は好意的に接していた体もあって、中々そのことが言い出せないまま、メールラリーに付き合ってしまうのですね。

そしてその重さに耐えきれなくなった時・・・、相手からの返信が途切れてしまうのです。

つまりは、メールのし過ぎで気持ちが完全に燃え尽きてしまった、という訳です。

タイミング良く、息継ぎをさせよう。

火が燃えるには酸素が必要だと、小学校の時に習いましたよね。

人間も同じで、テンションやモチベーションを維持するには、適度に休憩を挟んで、息継ぎをさせてあげなければなりません。でないと集中力が持たないのです。

ただ、焚き火の経験がある方なら分かるかもしれませんが、闇雲に酸素を送れば火が燃えるという訳でもありません。

うちわで扇いで酸素を送っては、火が燃えるのを確認し、そしてさらに酸素を送る・・・。これを繰り返してようやく火が付くのです。

ウンチクは良いから具体的にどうするの!?と言う声が聞こえてきましたね、もちろんお教えします。それは次のルールを守れば良いのです。

話が最高に盛り上がっているタイミングで、メールを終わりにする。

もちろん、いきなりメールの返信を止めるのではなく、「ちょっと用事が出来たから、また今度ね」などのように、毎回適当な(もちろん、不自然でない)理由を付けてラリーを終えるのです。

そうすると、相手の心には「あー、残念。もう少し話したかったな。」「続きが気になるなぁ。」といった感情が、意識をしなくとも自然と沸き起こります。

よくテレビ番組などは、続きが気になる最高に良いところで、CMに入ったりしますよね?その時少しですが、「待ちきれないなぁ」といった気持ちになりませんか?あれと同じ原理です。

そしてこれを繰り返すことで、相手の深層心理の部分に、「この人と話しているといつも楽しい」といった記憶を刷り込むことが出来ます。

こうなればもう、この子は落ちたも同然です。さっさと口説きのフェーズに移行しましょう。

急がば回れ?いや、むしろ向こうに来させよう。

もちろん、男らしく最後までガンガン攻めれば落ちる子もいます。

でも昨今の女の子の大多数は、そのガンガン攻めに飽きて、疲れちゃうんですね。ガンガン攻めと言うのは、裏を返せば攻撃一辺倒の単調なアプローチでしか無いのです。

それに攻めてばかりでは、こちらも余計なエネルギーを消費します。

出会い系では一度に複数の女の子を相手にすることもありますから、1人1人に注ぎ込むエネルギーは出来るだけ小さくしたいものですよね。

ですから、女の子の側が、こちらに夢中になるように仕向けてしまいましょう。

そうすれば、惚れた弱み(?)に付け込んで、直アドゲット、デート確約、セックス、彼女、セフレ、愛人、何でも出来てしまうかもしれませんよ。

あ、でも、とどめの口説き台詞は男からするのが鉄則ですよ。それが紳士の掟です。

この記事が参考になったなら はてなブックマーク をお願いします☆

コメント、お問い合わせ

当ブログの記事へのコメントまたは管理人へのお問い合わせはお気軽にどうぞ。

本業の合間にですが、時間を見つけて返信させていただきます。

あなたの出会い系成功談、失敗談なんかも共有していただけると嬉しいです。

ぜひよろしくお願いします!

管理人が承認するまではコメントは公開されません。

このページの先頭へ