親近感をアップするためには早い段階で「本名+タメ口」をクリアしよう

いつまでメールのラリーを繰り返すつもりですか?

出会い系サイトで女の子を落とす場合、普通の恋愛のように時間をかけてじっくり付き合うよりも、いち!に!さん!(ワンツースリーでもアンドゥトロワでもホップステップジャンプでも構いませんが)と勢いを付けてテンポよく話を進めて行った方が上手く行きます。

そのためには男性は、出来るだけ早い段階で女の子の「本名」を聞き出し、さらに「タメ口」で話せるようにならなければなりません。

何故かと言えば、人は自分の名前を呼んでくれる人に好意を抱きますが、その名前が仮名(ハンドルネーム)だったらどうでしょう?しかもその仮名が適当に付けた愛着の無いものであったなら・・・?

恐らくこのケースでは、いくらその仮名で呼びかけても、相手の気持ちを揺さぶることは出来ないのではないでしょうか。

また、敬語(丁寧語)というのは相手と一定の距離を保ちたい、または保たなければならない時に使われるものですので、こちらもいつまでも丁寧にしゃべっていては相手との距離は縮まることはありません。

そうこうしているうちに段々メール疲れが見え始めて来て、いつの間にか恋愛のテンションがトーンダウン・・・そして自然消滅。初心者からベテランまで、失敗例としてはよくあるパターンです。

だからと言って、最初からタメ口では馴れ馴れしすぎます。

それならば!と、最初からタメ口でメールを送り、そして返事が返って来たら今度は本名をしつこく聞いて回る・・・というのは大問題、超NG行為なのは言うまでもありません。

最初からタメ口をきいてくる人なんて、男でも女でも信用する気になれませんし、本名についても晒したくないからサイトでは別名を名乗っているのに、それをしつこく聞いてくるというのは論外のさらに外です。

そう、出会いの入り口では、男性は女性に対して常に紳士でなければならないのです。

そして多くの男性が悩んでいる問題は、この紳士から普通の男に戻る、そのタイミングなのでしょうね。

徐々に距離を詰めるよりも、イメージが固まる前に近づいてしまいましょう。

実に多くの方が、2人の距離を徐々に詰めて行き、そして頃合いを見計らって切り替えていく戦法を取っています。

ですが、これは間違いです。

このスタイルが定着しているという方は別に構いませんが、未だこのスタイルに慣れずに、出会っては別れという失敗を繰り返しているという方は、すぐにこの方法を止めましょう。

そして次からは、相手にとっての自分のイメージが固まる前、もっと詳しく言えば自分のイメージを固めさせるプロセスの中で、一気に距離を縮めて行く戦法を取ることをオススメします。

自然に無理なく、さらりと使える究極奥義を教えます。

私がよく使う、門外不出の必殺技を特別にお教えしましょう。

  1. タメ口をクリアするフレーズ。
    →『ところで、実はこういう敬語ってちょっと苦手なんです。次からは普通に話しても良いですか?(笑)』
  2. 本名を聞き出すフレーズ。
    →『あ、そういえば、「○○」って本名なんですか?ちなみに俺は「しんじ」です。しんじって呼んでくれて良いですよ♪』

この一言を、メールの最後に付けるだけです。どうですか?簡単でしょう?

今回はさらに出血大サービスで、詳細まで突っ込んだ解説をしちゃいましょう。

1.「ところで」「そういえば」という単語は、それまでの話の流れを完全にぶった切って別の話題を持ってくることが出来る。

どちらのセリフもこの単語から始まっているのがわかりますね。

この言葉を使うことで、その時にどんな話をしていたとしても、いつでも好きなように自分の話したいことを持ってくることが出来るのです。

それが例え、メールのやり取りを始めた直後だとしてもです。

2.「タメ口」という汚い単語を使わない。

これ、盲点だと思います。

まず、「タメ口」という言葉の響きについて、どう思われますか?少しだけですが、心がささくれ立つ嫌な響きの単語だと思いませんか?

これから1つお願いごとを聞いてもらおうという相手を、わざわざ嫌な気持ちにさせる必要はありません。タメ口で接して良いかと聞く時に、わざわざバカ正直に「タメ口で良い?」なんて聞く必要はないのです。

「普通のしゃべり方で良いかな?」のように、1枚オブラートに包んであげると、女の子も「うん、楽にして良いよ♪」と素直に返してくれるでしょう。

3.仮名に突っ込みつつ、自分の本名を名乗る。

現実の世界でも、相手の名を聞く時は、まずは自分から名乗るのがマナーです。必ず、自分の名前を先に相手に伝えましょう。

また、そうすることによって相手に「相手が先に教えてくれたし、私も教えてあげないといけない」という気持ちにさせる効果(心理マーケティングでよく言われる返報性の原理というやつです)もあります。

ただしストレートに聞いても、もしかしたら抵抗されるかもしれないので、場合によっては一工夫加えてみても良いでしょう。

例えば、「『ひまわり』って、可愛い名前ですけど、本名なんですか?」などのように、明らかに仮名と思われる場合でも、何かしら感想を述べることで相手の抵抗を減らすことも出来ます。

4.自分の本名をひらがなで名乗る。

本名=漢字&フルネーム、と思い込んでいる人は多いかもしれませんが、サイトで女の子を落とす場合にフルネームは必要ありません。

名前だけ、しかも名前の音(読み方)さえ分かれば、漢字だろうがひらがなだろうがカタカナだろうがローマ字だろうが、何だっていいのです。

そこで私は、本名を名乗るは名乗りますが、必ずひらがなで名乗るようにしています。そうすることで、相手の子もひらがなで名乗ってくる場合が殆どなのです。

つまり、自分がひらがなを使うことで、相手にも「あ、ひらがなで良いんだ」と思わせているのです。しかもひらがなであれば名前からの特定も難しいので、お互いにある程度の匿名性を維持したまま、付き合うことが出来るのです。女の子的にはストーカー対策としても安心ですしね。

と、まぁこんな感じです。いかがでしたか?

これはどんな方でも、自然に無理なく、そしてさらっと使えてしまう禁断のフレーズです。中々タメ口&本名のハードルがクリア出来ないという方は、まずは騙されたと思って使ってみて下さい。

こういうちょっとした工夫を積み重ねることで、自然と出会いは訪れるものですよ。がんばです。

管理人が実際に"10年以上"使っている出会い系サイト・アプリはこちら

ワクワクメール ハッピーメール PCMAX(ピーシーマックス)

せっかく一生懸命がんばって工夫しても、サクラを雇っているような悪質な出会い系では絶対に出会うことはできません。

当ブログがおすすめするサイトでなら、学生から人妻熟女まで幅広い層の女の子たちと出会えますよ。

なお、当ブログで紹介しているおすすめ情報に関するお問い合わせや攻略のためのノウハウについてのご質問などは、各記事のコメント欄からお気軽にどうぞ。

この記事が参考になったなら SNSで拡散 をお願いします☆

当サイトのおすすめ記事です。迷ったらまずこちらをご覧ください☆

出会い系でのメールの書き方、例文 出会い系のサクラの見分け方
出会い系で出会えないのはなぜ? ハッピーメールアプリのメリット
セフレが欲しい 童貞を捨てたい
100%必ず出会える方法 出会い掲示板の書き方、例文

コメント、お問い合わせ

当ブログの記事へのコメントまたは管理人へのお問い合わせはお気軽にどうぞ。

本業の合間にですが、時間を見つけて返信させていただきます。

あなたの出会い系成功談、失敗談なんかも共有していただけると嬉しいです。

ぜひよろしくお願いします!

管理人が承認するまではコメントは公開されません。

このページの先頭へ